赤ちゃんを産んだ後、おっぱいがしぼんだり垂れたりしてしまったら?バストケアサプリメントは有効?
こんにちは!
Metis編集部の青山アイです!

ここでは、産後に垂れてしまった胸のハリを取り戻すために、バストアップサプリは効果的かという情報について紹介していきます!


「うわー・・・バスト垂れたー・・・」


と、ちかしげさんが嘆いていました。

出産、授乳、断乳を経て、バストがしぼんでしまった私の友人です。
私はまだ出産していませんが、明日は我が身です・・・。

ちかしげさんのように産後にバストが小さくなったり、垂れてしまったりするとよく聞きますが・・・


もし産後に胸が垂れてしまったとしても、実はバストアップサプリでハリのあるバストを取り戻すことができます!


  • 1. 妊娠前の準備
  • 2. 授乳中(妊娠中・産後含む)
  • 3. 断乳後のケア


上記の3つが重要となります!

バストアップサプリでハリを取り戻すべく立ち上がった、ちかしげさんの産後のバストアップサプリ体験談もあわせて紹介します。

産後に胸が垂れてしまった方でもハリを取り戻せる、バストアップサプリ以外の方法も紹介していますので、一緒に見ていきましょう!

なぜ産後は胸が垂れるの?

出産後バストが垂れてしまう理由 まずはじめに、産後に胸が垂れてしまう原因や垂れない方法について紹介しておきたいと思います。


胸が垂れてしまう原因

妊娠中や産後、授乳中は女性ホルモンの分泌が通常よりも多くなるのはご存知の通り。

産後は通常よりも多く女性ホルモンが分泌されることにより、バストの乳腺が刺激されバストサイズがいつもより大きくなるんですね。

バストが大きくなると、当然重くなり、バストを吊っているクーパー靭帯に負荷がかかります。

妊娠中や産後は急激に胸が大きくなりますので、この負荷によってクーパー靭帯が伸びたり、場合によっては切れたりしてしまいます。

バストが大きくなっている時期は気が付かないものですが、女性ホルモンの分泌が落ち着いた時にバストがしぼみ、胸が垂れたままの状態になってしまうんですね。


まとめると下のような感じです。

産後に胸が垂れる流れ

  • 1. 妊娠中、産後、授乳中に女性ホルモンが多く分泌される
  • 2. バストサイズが大きくなる
  • 3. クーパー靭帯が伸びたり切れたりする
  • 4. 女性ホルモンの分泌が落ち着く
  • 5. バストサイズがしぼみ、垂れた乳になる



胸の垂れを防ぐ方法「ブラ」

胸が大きくなっている時、クーパー靭帯が伸びてしまうことがバストが垂れてしまう大きな原因のひとつです。

胸の垂れを防ぐ方法はきちんとブラをすること。

普段つけているブラジャーですとキツくて苦しいと思いますので、マタニティブラなどの専用のブラをすることで、クーパー靭帯の劣化を防ぐことができます。

光豊胸や再生手術を受けることでクーパー靭帯を元に戻せる可能性はありますが、クーパー靭帯は一度切れてしまうと自然に元に戻ることはありません。

つまり、クーパー靭帯による垂れは、胸が垂れてしまってからでは対応が難しいので、妊娠中や産後のバストが大きくなっている時期から予防をしておく必要があるということです。

ただ、バストの垂れは肌のハリがなくなったり、肌が伸びてしまうなどの肌の劣化が原因となることもありますので、こうした垂れはバストアップサプリやバストアップクリームで対応できることがあります。


卒乳後、バストが小さくなるのはなぜ?

バストが小さくなる原因としては、妊娠中や産後に分泌されていた女性ホルモンの分泌量が落ち着き、乳腺が退化するからです。

授乳後、役目を終えた乳腺は急激に退化します。バストがふっくらしているのは、乳腺の周りに付く乳腺脂肪体という脂肪のおかげ。

断乳、卒乳後の乳腺萎縮によって、乳腺脂肪体も同様に落ちていってしまう、つまり胸が小さくなってしまうというわけです。


貧乳の方は特に、妊娠中や産後にバストサイズが大きくなるのは快感だと思いますので、このサイズをどうにか維持したいと思いますよね。

その方法のひとつがバストアップサプリを飲むこと。

そこで、次は、産後のバストアップサプリの有効性、サプリに含まれる成分の効果について見ていきたいと思います。



バストアップサプリがもたらす効果とは?

バストケアサプリメントは実感できる? 赤ちゃんが産まれると家事や育児に追われてしまうママさんは、産後にエステやバストケア専門のクリニックなどに通う余裕はありませんよね。

ただ、産後も以前のようなプロポーション、女性らしさは維持していたい・・・。

そのため手軽に摂取できて、しかも高い効果を望めるバストアップサプリは、美しいバストを維持したい産後の女性にとって救世主とも呼べる存在です。

それでは、バストアップサプリに配合されている成分の効果と、産後の女性になぜおすすめかについて見ていきましょう。


バストサプリの育乳&美乳メカニズム

そもそもバストアップサプリとは、どういった成分の効果やメカニズムで胸を大きくしていくのでしょうか?

バストアップサプリは商品によって配合されている成分は様々ですが、ほとんどの商品に共通して言えるのが、バストアップサプリには女性ホルモンに似た成分が含まれているということ。

一番有名な成分はプエラリア・ミリフィカ。(厳密に言うとこれは植物の名前で、成分名はミロエステロールやデオキシミロエステロールと言います)

このプエラリアは今やほとんどのバストアップサプリに配合されていると言っていいほど有名で人気のバストアップ成分で、植物性エストロゲンという女性ホルモンと似たような効果を発揮する成分が含まれています。

そのため、このプエラリアを摂取することによって脳が女性ホルモンの分泌量が増えていると錯覚し、乳腺が大きくなり乳脂肪が増えていく、つまりバストアップするというメカニズムです。

プエラリアに限らず、多くのバストアップ成分と呼ばれる成分はこのような働きをすることで、バストアップに働きかけているというわけです。

バストアップサプリのメカニズムをまとめると以下の通り。

サプリで胸が大きくなるメカニズム

  • 1. バストアップサプリを飲む
  • 2. 脳が女性ホルモン様作用を持つ成分を女性ホルモンの分泌と認識
  • 3. 女性ホルモンの分泌が増えたという錯覚による乳腺の肥大化
  • 4. 肥大化した乳腺周りに乳脂肪がつく
  • 5. バストアップ!


さらに、女性ホルモンの分泌が増えると、体内ではコラーゲンの生成など様々な効果を発揮し始めます。

みなさんもご存知の通り、コラーゲンが生成されるとお肌のハリや弾力がアップします。

つまりバストアップサプリを摂取するだけで、産後のしぼんだ胸に脂肪が増えてバストアップ効果が望めるだけでなく、お肌にハリや潤いが出てくるため、垂れの改善にも繋がるというわけです。

そのため産後の女性にとって、バストアップサプリは一石二鳥どころか三鳥・四鳥と嬉しい効果を期待することができるんですね!

これが産後の女性からバストアップサプリが圧倒的に支持されている理由です。



サプリメントを飲む時期について

育乳サプリを摂取するタイミングはいつが最適? バストアップサプリで胸が大きくなるメカニズムは理解してもらえたかと思います!

「よし、早速バストアップサプリを購入だ!」という方もいらっしゃるとかと思いますが、もうひとつ確認しておいてもらいたいことがあります!

産後、バストアップサプリを飲む時に注意しなければならないのは、バストアップサプリを飲む時期です。

特に赤ちゃんを産んだばかりの女性や、事前に下垂れとしぼみ予防にバストアップサプリを飲もうと思っている女性は注意が必要。

バストアップサプリを飲む時期を間違えると、体調不良などの症状が現れるだけでなく、赤ちゃんにも影響してしまう可能性があるんです。

ここでは、産後、妊娠中、授乳中のどの時期にバストアップサプリを摂取すべきかということを紹介していきたいと思います。


おすすめの飲む時期は?

結論から言うと、バストアップサプリを飲み始める時期としては、「産後、授乳を終えて完全に母乳が止まってから」となります。

もう少し詳しく言うと、産後、母乳が完全に止まって生理が来てから、というのが最も安全です。

産後、断乳してからバストアップサプリを飲み始めた方が良い理由は何なのでしょうか?

ご存じの方も多いと思いますが、バストアップサプリを飲むと副作用が起きることがあり、その原因のほとんどはホルモンバランスが崩れることによって起こっているということです。

妊娠中、授乳中、産後は、妊娠前と比べて女性ホルモンの分泌量が大きく変化する時期。

産後はとても胸が張りますよね?
これは女性ホルモンの分泌量が増えているからです。

先程も紹介した通り、バストアップサプリに配合されている主成分というのは女性ホルモンのような働きをするものが大半です。

そのため、産後などの女性ホルモンの分泌が不安定な時にサプリを摂取してしまうと、ホルモンバランスがさらに崩れやすくなり、副作用が起きやすくなるというわけです。

妊娠している女性が体調を崩してしまうと、赤ちゃんに影響が出る可能性が高くなります。

そのため、産後母乳が止まってから初めて生理が来る時期、つまり女性ホルモンの分泌が安定してから飲んだほうが安全で効果的ということです。



産前、妊娠中、授乳後のバストケア比較

産前、産後に綺麗なバストを保つための方法 バストケアと一口に言っても、バストアップサプリやバストアップクリーム、筋トレ、エステと様々です。

産前、妊娠中、産後、授乳後とそれぞれの時期に合わせた正しい方法で赤ちゃんに影響を与えることなく、女性としての美しさを保ちましょう。

  • 1. 妊娠する前(産前含む)
  • 2. 授乳中(妊娠中・産後含む)
  • 3. 授乳が終わった一ヶ月後


この3つの時期によってバストケアの方法は大きく変わってきます。


妊娠する前

妊娠前や産前に始められるおすすめのバストアップケアは、大胸筋の筋力トレーニングとクーパー靭帯の保護です。


大胸筋を鍛える

大胸筋はバストを支える土台です。 この土台がしっかりしていないと、妊娠中や産後に大きく重くなったバストを支えることができません。

腕も大胸筋も鍛えられる筋トレとしては、腕立て伏せがあります。


クーパー靭帯を保護する

先ほどのお話にも出てきましたが、クーパー靭帯の保護がバストの下垂れ予防には不可欠です。

ブラを付けるとバストが小さくなるという話があったり、ブラをするとキツくて寝苦しいからしないという人がいたりしますが、妊娠中はもちろん、妊娠をしていない時でもノーブラはおすすめしません。

ブラをしないで寝ている方は、左右の乳房(乳首)が外側を向いている方が多いんです。

これは仰向けで寝ているときに左右にバストが流れてしまい、その位置で脂肪が固定されてしまっているからです。

この就寝中の横垂れもクーパー靭帯にダメージを与えていることは意外と知られていません。

ブラのワイヤーが食い込んで寝苦しいという方は、マタニティブラや専用のナイトブラもありますのでチェックしてみましょう。

妊娠中、産後、授乳中は普段のブラでは収まりきらないくらいバストが大きくなる人が多いので、ノーブラで生活せず、妊婦専用のマタニティブラでしっかりとクーパー靭帯を保護しましょう。


授乳中(妊娠中・産後含む)

妊娠中~授乳中の時期は、女性ホルモンが産前から授乳中の間に急激に増えたり産後に減ったりと、ホルモンバランスが不安定になりがちで身体や心の浮き沈みが激しい時期ですよね。

この時期に、女性ホルモン様作用のある成分が配合されたバストアップサプリを摂取すると、お腹の赤ちゃんへの影響が出る可能性がありますのでおすすめしません。

そこで、産後を含む授乳中の時期におすすめなのがバストアップクリームです。


ハリを取り戻す!バストアップクリーム

産後のバストアップサプリの摂取と並んで人気があるバストケアの方法が、バストアップクリームです。

バストアップサプリと違って授乳中でも使用することができますので、バストがしぼんで小さくなる前から使用しているとさらに効果的。

バストアップクリームには肌にハリを出す美容成分(プラセンタ、コラーゲン、コエンザイムQ10、セサフラッシュなど)が含まれています。

産後はバストが垂れてしまう女性が多いため、産後に胸のハリを取り戻すという結果を望んでいる女性がたくさんいるんです。

人気のバストアップクリームは脂肪増殖成分のボルフィリンが配合されているラ・シュシュ

バストアップサプリに比べるとバストアップクリームは副作用がほぼありません(口コミ集計をしたところ、ラ・シュシュは133人中0人でした)ので、バストのハリ・ツヤを取り戻したいという悩みを抱える産後の女性におすすめです。

有名美容サイトのアットコスメに投稿された口コミを集計してみたところ、バストのサイズアップ、ハリ・ツヤを実感した人は133人中102人で、76.7%という高い数字が出ています。

また、そのうちハリ・ツヤを実感した人は78人。

8割近くがハリを実感していましたので、産後のバストの垂れを改善したいという女性はラ・シュシュがおすすめです。


授乳が終わった1か月後

産後、卒乳後は女性ホルモンの分泌量が落ち着きます。

妊娠中や産後(授乳中)は女性ホルモンの分泌量が増えていたからバストが大きくなっていただけですので、その後もバストサイズを維持しようと思ったら女性ホルモンの分泌量を増やす必要があります。

バストアップサプリを飲むと女性ホルモンの分泌量が増えるわけではありません。

しかし、脳に女性ホルモンが分泌されていると錯覚させるアイテムですので、バストアップサプリは断乳後のバストアップに効果的です。


バストアップサプリでサイズ維持

授乳後はバストが小さくしぼんでしまう方が多く、早く元の大きさに戻したいと思いますよね。

しかし、バストアップサプリを摂取するタイミングには注意が必要です。

というのも、断乳してしばらくの間は、プロラクチンと呼ばれる母乳を生成するためのホルモンが分泌されています。

このプロラクチンの分泌が収まる期間は個人差があり、断乳してから大体1~2ヶ月。

卵胞期型サプリを飲む場合、断乳してから最初の生理が来て、次の卵胞期からバストアップサプリを飲み始めると良いでしょう。

バストアップクリームのように外部から成分を浸透させたり、マッサージで乳腺を刺激したりするという方法は、比較的効果が緩やかに現れます。

一方、効果を実感しやすく即効性も見込めるのは、成分を直接体内に摂取するバストアップサプリ。

早く胸の大きさを元に戻したいという女性には、飲み始めるタイミングを注意すれば、バストアップサプリが最適なアイテムと言えます。



いかがでしたでしょうか?

時期別のバストアップ、バストケア方法をまとめると以下のようになります。

産後など時期別のバストケア

  • 妊娠前:筋肉トレーニング
  • 妊娠中・産後・授乳中:バストアップクリーム
  • 授乳後:バストアップサプリ


あなたと赤ちゃんに合わせた、バストアップとバストケアの方法を選びましょう。



産後のママがバストアップサプリを飲んでみました

出産をした女性が豊胸サプリを飲むと効果ある? 今回は友人のちかしげさんの「レディーズプエラリア99%体験談」をご紹介します。

ちかしげさんは産後(授乳後・卒乳後)のバストの垂れを改善するために、バストアップサプリを試すことにしました。

レディーズプエラリアを飲んだ期間は3ヶ月間。

ただし、1か月通して飲むのではなく、生理後~生理が始まる1週間前の約2週間飲む、というのを3ヶ月間続けた結果です。

レディーズプエラリアは卵胞期用サプリのため、このような飲み方をすると副作用のリスクを軽減しながら効果的に成分を摂取することができるので、参考にしてみてくださいね。

それでは、ちかしげさんがバストアップサプリメントを飲んだ感想や、胸の変化、副作用に関する口コミをご紹介します。


サプリ服用前と服用後/Before & After


バストサイズと体重の変化

  • ■トップバスト
    86cm → 89.5cm (+ 3.5cm
  • ■アンダーバスト
    75cm → 75cm (± 0cm
  • ■体重
    46.5kg → 45.1kg (– 1.4kg


ご覧の通り、バストアップ成功です!

ちかしげさんは身長150cmと小柄な体型ですが、サプリ服用前のバストサイズはDカップでした。

ですが、バストアップサプリを飲み終わる頃には、Eカップに成長しています。

しかも、体重は1.4kg減っていますので、太ってバストが大きくなったのではないことがわかりますね。

飲み始めは月経が終わりの時期だったので、女性ホルモンの分泌が落ち着いた影響からか、サプリを飲み始める前の88cmより2cmサイズダウンの86cmになってしまいました。

ですが、そこから徐々にサイズアップしていき、ピーク時は90cmを記録した日もあります。

そして、最終的にレディーズプエラリアを飲み終わる頃にはバストサイズは3.5cmアップの89.5cmで落ち着きました。

詳しい情報はこちらのページで紹介していますので、興味のある方はこちらをどうぞ。
バストアップサプリの口コミ体験談


豊胸サプリの副作用は・・・?

気になるバストアップサプリの副作用ですが、ちかしげさんがレディーズプエラリア99%を飲んだ時は副作用は起きなかったとのことです。

ちかしげさんはバストアップサプリを服用する前に、販売元へお問い合わせをして「飲み方」と「飲むタイミング」についてアドバイスをもらったということでした。

当サイトでも紹介していますが、レディーズプエラリアを飲むおすすめのタイミングは、バストアップサプリの成分を効果的に吸収できる日中の空腹時です。

1日1粒の摂取が基本的ですが、1粒でもサプリの成分に体が慣れていなかったりすると、頭痛などの体調不良や生理の遅れ、不正出血といった副作用を引き起こす可能性があります。

生理が来なかったら服用するのを一旦中止して、販売元へお問い合わせをすることで解決策や今後の飲み方についてアドバイスしてもらえます。

また、不正出血はバストアップサプリの影響で子宮内膜が通常より分厚くなり、子宮内膜がはがれ落ちただけですので、不正出血しても慌てる必要はありません。

不正出血が起きたらバストアップサプリの飲む量を減らすと良いでしょう。


ちかしげさんは1日1粒摂取していましたが、副作用も起きなかったそうです。

産後、授乳後の女性も、質の高いサプリを正しい飲み方で摂取することで、産後でもバストアップサプリで望んだ結果を効果的に実感できることがわかりました。

産後に胸が小さくなってしまった、卒乳後に胸がしぼんでしまったという方はぜひ一度試してみると良いと思います!


バストアップサプリ
購入数ランキング

バストアップサプリ購入数ランキング




ページ上部へ戻る