キャベツに多く含まれる?日本語ではホウ素?

今回はキャベツに豊富に含まれている「ボロン」というバストアップ成分についてご説明していきます!

キャベツやりんごなどに多く含まれるボロンですが、実はこのボロン、日本語では「ホウ素」なのでこちらの方が耳馴染みがあるかもしれません。

一昔前、タレントの平山あやさんがダイエットをしながらバストアップに成功した要因の1つに、キャベツを積極的に食べていたということが噂されていました。

その頃から次第にボロン=バストアップというイメージが付き始めたようです。

しかし、実はボロンのバストアップ効果は実証されていないのです!

このページでは、そんなボロンのバストアップ効果と副作用などの注意点について見ていきたいと思います。

期待できる効果とは?バストアップとの関係は?

バストアップとボロンの関係 ボロンは、私達が生活する上で欠かせないミネラルの一種。

ボロンが多く含まれる食品は、以下のようなものが挙げられます。

  • キャベツ
  • ブロッコリー
  • リンゴ
  • ナッツ類
  • ぶどう、レーズン

などなど、ボロンは様々なものに含まれています。

では一体ボロンがなぜバストアップ成分として注目されているのか気になるところですよね。

実はボロンにはイソフラボンのように、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促す作用があるんです。

エストロゲンの分泌が増加すると、乳腺が刺激され乳腺のまわりの脂肪が発達していきます。

そのためボロンはバストアップの可能性を秘めた成分として注目されているのです。

しかし!何度も繰り返しますがボロンが女性ホルモンを活性化するという確証はありません。

とはいえ、アメリカでは農務省がボロンにはエストロゲンを活性化させる作用があると発表しており、バストアップの可能性はゼロではないと言えそうです。


ボロンは熱に弱いので注意


これは余談になりますが、ボロンはとても熱に弱いという特徴を持っています。

そのため、焼く・煮るなど加熱処理をしてしまうと思ったようにボロンを摂取することが難しくなり、バストアップ効果も望めなくなります。

また、ボロンには空気中で酸化しやすいという性質もあるため、調理後すぐに食べてしまう必要があります。

日常生活でボロンの摂取を試みるのであれば、キャベツをサラダや主食の代わりにして食べるのがおすすめ。

キャベツはボロン以外にも食物繊維が豊富なので、バストアップだけでなく便秘解消やダイエットにも理想的な食べ物ですよ。


ボロンを摂取するなら食前がおすすめ


ボロンはお話をしましたが、一体どのくらい摂取しなければならないのでしょうか?

結論から言うと、ボロンからバストアップを目指すためには1日あたり400μg摂取しなければなりません。

見慣れない単位なのでわかりにくいかもしれませんが、このボロンの量はキャベツで換算すると1日1玉に相当します。

そのため、バストアップのためにキャベツを食べるなら1日1玉を毎日継続して食べなくてはなりません・・・

バストアップのためにそこまで努力をするのであれば、できるだけ効率よくボロンを吸収してバストアップに繋げたいですよね?

そこでボロンを摂取するタイミングとしておすすめなのが、「食前に食べる」という方法です。

なぜ食前?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、食事の前というのは胃袋が空っぽの状態。

そのため体が栄養を欲しているので、その時に摂取した栄養はより吸収されやすくなっています。

つまり、このタイミングでキャベツやその他ボロンが多く含まれている食材を摂ることで、より効率よく吸収することができます。

バストアップのためにボロンを摂取するのであれば、”食前に摂る”ということを覚えておきましょう!



摂りすぎ注意!ボロンには副作用がある!?

副作用 ここまでボロンに期待される効果や摂取タイミングについてお話してきましたが、実はボロンはやみくもに摂取すれば良いというものではありません。

早くバストアップしたいからといって、ボロンを摂りすぎると副作用が出てしまうことがあります。

実は女性ホルモンのエストロゲンには最適な量というものが存在し、その量を超えてしまうとかえって逆効果に・・・

ではボロンで一体どのような副作用が起こってしまうのでしょうか?


ニキビ・肌荒れ


ボロンを摂取することによって、エストロゲン分泌が促進されるとバストアップや肌のハリ・ツヤ回復に役立ちます。

しかしエストロゲンを過剰に摂取してしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまいます

その結果、肌荒れなどの肌トラブルが起きてしまうことに。

これではせっかくボロンを摂っても、バストアップどころか体調不良となってしまいます。

バストアップを目指す前に、まずは体調を整えてあげることも必要です。


生理不順や生理前の体調が崩れる


また上記と関連して、ホルモンバランスが崩れると生理不順の原因になったり、生理前の体調不良になってしまうことがあります。

生理前というのはただでさえホルモンバランスが不安定。

その時期にボロンを摂ってしまうと、頭痛やイライラなどの症状が起きてしまうので注意が必要です。

早くバストアップしていきたい気持ちはわかりますが、何事もバランスが重要です。

安全にバストアップしていくためにも、ボロンの摂取量と摂取時期には十分気をつけていきましょう。

これからボロンでバストアップを目指していくのであれば、こういった副作用については覚えておいて下さいね!



まとめ

ボロンとバストアップの関係について、いかがだったでしょうか?

最後にボロンの効果や注意点についてまとめていきたいと思います。

  • ボロンは女性ホルモンの分泌を促進する可能性がある
  • 骨粗しょう症予防にいいと言われる
  • ボロンを食べ物から摂取するなら食前に
  • ボロンは熱に弱いため注意が必要

またボロンの過剰摂取はバストアップどころか、肌トラブルの可能性が出てくるので気をつけましょう。


効率よく育乳するならバストアップサプリ!?


このページを読んでいただいた方の中には、「ボロン摂取のためにキャベツ1日1玉、しかも生はきつくない?」と思う方もいるのでは?

実際に、ボロンでバストアップするためにキャベツを食べ続けるのは辛いです・・・さすがに飽きてしまいます。

そこでおすすめしたいのが、バストアップサプリ

バストアップサプリには、育乳に効果があると言われている成分が配合されているので、毎日キャベツ1玉を食べなくても、食生活をそのままボロンだけを摂取できます。

そうは言っても普段の食生活は美と健康の基本。

その基本がしっかりとした上で、ボロンなどが配合されたバストアップサプリを摂取することで効果をより実感しやすくなるでしょう。

ボロンなどの育乳成分に興味を持った方は、ぜひこの機会にバストアップサプリについても見てみて下さいね!

人気のバストアップサプリ



口コミまとめ



体験レポート・取材



バストアップサプリ豆知識



バストアップサプリの飲み方



年齢別バストアップ



バストアップサプリの成分



人気バストアップアイテム