サプリを飲む上で考えておきたい危険性とは?
こんにちは!
Metis編集部の青山アイです!


胸を大きくするためにバストアップサプリを飲みたくても

「副作用って大丈夫なの?」

と思う方も多いのではないでしょうか。

事実、副作用が怖いからバストアップサプリは飲まないという人もたくさんいます。

ただ、副作用が出るということは、身体に変化が起きている、ということ。
つまり、副作用が起こる=そのバストアップサプリで効果が出ているということなんです。

文章だけだと不安な方もいると思うので、実際に副作用のことについて、バストアップサプリの販売会社に直接インタビューをして確認してきました!

バストアップサプリの販売会社に副作用についてインタビュー

「その会社にだまされてない?」と思った方。

インタビューをした会社は、当サイトでも紹介しているレディーズプエラリア99%という人気がとても高いバストアップサプリ会社さん。すごくしっかりとした経営理念のもと、バストアップサプリを販売しているんです。

ただ、バストアップサプリに配合されている成分が身体に合わずに副作用が起きるということもありますので、副作用について心配な方は、バストアップサプリ販売元のコールセンターに電話で確認するのが良いと思います。

それでは、副作用の起きにくいバストアップサプリの飲み方や、私自身が実際に経験した副作用の体験談を一緒に見ていきましょう!

副作用については、きちんと把握しておくべき


サプリメントの過剰摂取や生理時、妊娠時、飲酒をしている時は副作用を誘発しやすいです。

まず、バストアップサプリを飲んだときに考えられる副作用についてです。
バストアップサプリは、用法用量をきちんと守らないと、危険なもの。

以下のようなバストアップサプリの飲み方は控えましょう。
• バストアップサプリの過剰摂取
• 生理の時のバストアップサプリ摂取
• 妊娠したときのバストアップサプリの摂取
お酒と一緒にバストアップサプリの摂取


このようにバストアップサプリを飲んでしまうと、下記のような副作用が出やすいと言われています。

具体的な副作用
・吐き気や倦怠感
生理不順
・貧血


バストアップサプリは女性ホルモンに働きかける成分や女性ホルモン様作用(女性ホルモンと同じような働きをする作用)のある成分が含まれています。

つまり、通常の女性ホルモンの割合を乱す飲み方をしてしまうと上記に挙げたような副作用が起きやすくなってしまうので充分注意しましょう。

なるべく安全にサプリを飲む方法

どんなに気を付けてバストアップサプリを飲んでも副作用が起きることを100%防ぐことは出来ません。
そうはいっても、副作用が起こる可能性を極限まで低くすることは可能です。

副作用のリスクを減らして安全にバストアップを目指すためには、バストアップサプリに配合されている成の働きを把握しておく必要があります。

バストアップサプリに含まれている成分の多くは、バストアップする上での要である2つの女性ホルモンのような働きをします。

バストアップ成分が、似たような働きを示す効果は以下の2つ。

1.エストロゲン ⇒ 排卵周期の卵胞期に分泌が活発になる
2.プロゲステロン ⇒ 排卵周期の黄体期に分泌が活発になる


この2つの女性ホルモンについて、詳しく見ていきましょう。

エストロゲン、プロゲステロンって?

エストロゲンとは、女性らしい身体を作るのに欠かせない女性ホルモンであり、プロゲステロンは乳腺形成に欠かせない女性ホルモンです。

通常、エストロゲンとプロゲステロンの割合はエストロゲン:プロゲステロン=1:200。バストアップサプリを飲むのも含めて、このバランスが著しく崩れてしまった場合に副作用が起きやすくなってしまうのです。

例えば、有名なバストアップ成分でエストロゲン様作用があるプエラリアは、卵胞期に摂取するのが良いと言われています。

ところがこれを逆の黄体期に摂ってしまうと、プロゲステロンが多く分泌される時期にエストロゲンの割合が増えている状態になり、女性ホルモンの分泌異常状態となってしまいます。

このように、バストアップサプリを飲む時期を少し変えただけでも副作用が起きやすくなってしまうので、卵胞期と黄体期、月経周期の 仕組みを理解することはとても大切です。

なぜなら、バストアップサプリで副作用が起きてしまうのは、大半の人が正しい飲み方を知らずに服用しているからです。

サプリの成分の働きをしっかりと把握して、副作用のリスクがない安全で快適な育乳をしましょう!

それ以外にも、バストアップサプリで怒るとされる副作用を防ぐのを調べる方法として、商品の口コミなどをチェックするというのも1つの手段です。

口コミというのは実際にそのサプリを飲んだ人の、率直な感想になるので非常に参考になりますし、ある程度そのサプリメントの特徴をつかむことができます。

次項では、実際にバストアップサプリを飲んだことがある私の口コミを紹介します♪

「レディーズプエラリア99%」と「ピンキープラス」を飲んだ感想

ここまでは、バストアップサプリを飲んだときに考えられる副作用について紹介しました。

ただ、バストアップサプリといっても種類は様々なので、種類によっても考えられうる副作用や、副作用が起こる確率も変わります。

そこで、今回は私が実際に試したことのあるバストアップアプリの感想をお伝えします\(^o^)/

実際に飲んだことがあるバストアップサプリは、レディーズプエラリア99%とピンキープラスです。
それぞれ以下のような症状がありました。

■レディーズプエラリア99%
レディーズプエラリアの感想
レディプエを飲むと、ニキビができなくなり、肌の状態がよくなりました。
特に副作用が起こったという自覚はなかったです。

このバストアップサプリを飲んだ感想としては、生理前に胸が張り、バストアップ効果を実感できたというくらいです。

■ピンキープラス
ピンキープラスを飲んだ感想
このバストアップサプリを飲むと、レディプエとは違い、副作用のようなものを感じました。
詳しく言うと、生理が10日間ほど遅れたことに加えて、飲んでいるときにイライラしました(T_T)

これは、PMS(月経前症候群)だと思うので、私はピンキープラスで副作用が出た、ということなんだと思います。。。

私の場合は、ピンキープラスで副作用が出てしまいましたが、副作用は、その人の体質やそのときの外的な要因にもよるので誰にでもこの副作用が出るわけではありません。

むしろ、ピンキープラスはプエラリアが配合されていないので、通常であれば副作用は出にくいサプリです。
プエラリアについては、下記で詳しく説明していますので、気になる方はチェックして下さい!


>>バストアップ効果が高いとされるプエラリアって?


身体の変調はそのサプリがあなたに有効な証拠!
このページでは、バストアップサプリを摂取した時に起こる可能性のある副作用と、実際にバストアップサプリを飲んだ私の副作用に関する体験談を紹介しました。

でも、ここで覚えておいてほしいのは、副作用はバストアップ効果があるからこそ起こるもの、ということ。

副作用は、バストアップサプリに含まれている成分があなたの体に反応しているからこそ起きる現象です。

副作用が起きた場合は摂取量を調節することであなたの希望通りの結果に繋がる可能性が高いです。バストアップ効果が全く何も反応がないケースよりも希望が持てるということを覚えておきましょう。

バストアップサプリにおける副作用を減らしたい!

ここでは、それでもどうしてもバストアップサプリを飲みたい、というあなたに。

バストアップサプリを服用する際に知っておきたい副作用のリスクの減らし方について考えてみましょう。

さて、バストアップ効果が高いサプリには、ほとんどプエラリアが含まれています。
そんなバストアップサプリの主要成分である「プエラリア」ですが、副作用にもかなり関わってきます。

最初におそろしいことを言いますと、プエラリアで起こるかもしれない副作用は下記の通り。

• 頭痛
• 吐き気
• 自律神経失調症
• 肌荒れやニキビ
• 月経不順
• 婦人科系のガン


・・・(゚д゚)!

頭痛や腹痛はおいておいたとしても、ガンと言われると、とっても心配。ですが、実はこれ…ガンの部分については根拠のない情報でした。

このように、副作用といわれている情報の全てが正しいわけでもないのです。副作用とは、症状が比較的はっきりしたものから境界線があいまいなものまで広範囲にわたる症状をさします。

その中で、プエラリアについて科学的に証明されている副作用は現時点ではありません。

プエラリアによる副作用は状況、体質、体調によって人それぞれ違います。そして、プエラリアの副作用の確率について、1番重要なのがプエラリアの質。質がしっかりしているものなら、副作用のリスクは抑えられるかもしれません。

ここでは、プエラリアの質が副作用にどう関係しているのか見ていきましょう。

プエラリアの質でリスクを減らせる?

そもそもバストアップサプリに含まれる「プエラリア・ミリフィカ」は、タイで採取されたものを原材料として用いられています。

タイ国内で設けられた基準を満たしたプエラリアは安全といえますが、全てがその基準を通過しているわけではありません。

その証拠に、タイではプエラリアによく似た植物がプエラリアの代わりとして流通していることもあります。 その中には毒性の強いものもあり、摂取することで頭痛や嘔吐などの副作用を引き起こすケースもあります。

また、女性ホルモンへ影響することから、プエラリアの摂取量が多ければ多いほど、副作用の心配も大きくなります。

プエラリアの理想的な摂取量は、1日あたり200~400mg。中には過剰摂取となってしまう飲み方もありますので、そのサプリメントの1粒当たりのプエラリア含有量を知っておくことは、とても大切です。

副作用というのは人の体質によってさまざまで、一概に決められないもの。もしバストアップサプリを使うなら、生産国の明記がある商品に限定しましょう。そしてバストアップサプリ服用中に副作用を感じたら、すぐさま使用を中止しましょう。

その他には、プエラリアが使用されていないバストアップサプリを使用する、という方法も。

プエラリアが入っていないサプリの使用

基本的に副作用が起きるのはサプリに配合されているプエラリアによるものが大きいです。

なので、最初から「プエラリアの入っていないサプリを使用する」という方法も非常に効果的。

当サイトでおすすめしているバストアップサプリだと、「ピンキープラス」がプエラリアの入っていないサプリになります。

ピンキープラスは「バストアップをしない理由を取り除く」ことによって、バストアップを目指すサプリなので、 プエラリアは入っておらず、副作用は比較的起きにくいです。

ただ、実際に飲んだ私は生理が10日間ほど遅れてしまいました。

ピンキープラスを手に取った画像

副作用が起きてしまった原因ですが、おそらく初めてバストアップサプリを飲んだので、ホルモンの変化に体が驚いてしまったのだと思います。

というのも、その後に飲んだプエラリアが入っているバストアップサプリのレディーズプエラリア99%では副作用をほとんど感じなかっためです!

このように、体質やそのときの状況により、プエラリアの有無に関わらず副作用が出てしまうこともあるのでご注意下さい。

それ以外にも睡眠不足であったり、ストレスを受けている環境だと副作用が出やすくなるので、 体調を整えることも重要です。

正しい使用方法で、効果的にバストアップしましょうね!

人気のバストアップサプリ



口コミまとめ



体験レポート・取材



バストアップサプリ豆知識



バストアップサプリの飲み方



年齢別バストアップ



バストアップサプリの成分



人気バストアップクリーム



ページ上部へ戻る