卵胞期と黄体期について
Metis編集部の青山アイです!

「卵胞期と黄体期」って、どういうこと?という方のために、解説します!


バストアップサプリを飲むうえで、卵胞期と黄体期のことは切っても切れないのですが、意外と知らない女性もたくさんいらっしゃいます。

ただ、バストアップサプリを飲むなら、卵胞期と黄体期について知っておくのはマストです。

「卵胞期と黄体期のことを詳しく知らない・・・」という状態で、バストアップサプリを飲むことは、とても危険。

卵胞期と黄体期について正確に知っておかないと、バストアップサプリでの豊胸は難しいどころか、副作用が起きる危険性もあります。

全く知らなくて焦っている人も、いるのではないでしょうか?

でも、卵胞期と黄体期についてまったく知らない人でも、このページを読めば、もう大丈夫。 卵胞期と黄体期についてバッチリ詳しくなれます!

以下の3つを知っておくことで、バストアップサプリを効率的に使用することができます!

・月経周期(卵胞期と黄体期について)
・自分の月経周期
・バストアップサプリに配合されている成分

卵胞期と黄体期を含めた月経周期とバストアップサプリの関係は、バストアップサプリで豊胸を成功させるために不可欠ですので、しっかりと押さえておく必要があります。

それでは詳しく見ていきましょう!

月経周期には、卵胞期と黄体期を含めた4種類が存在!

知っている方も多いと思いますが、そもそも月経周期とは、生理開始日から次の生理が来る前日までの期間のことです。月経周期は平均して28日周期で訪れますが、人によって個人差があります。

この月経周期に、4つの種類が存在し、毎月繰り返されています。
下記のようなサイクルで排卵や月経がおこなわれ、それによって女性ホルモンのバランスも変化していきます。

それでは、月経周期について表で詳しく見ていきましょう!

月経周期 期間 しくみ
月経期

3~7日間

子宮内で卵子と精子が着床しなかった場合に、不要となった子宮内膜がはがれ落ちます。

はがれ落ちた子宮内膜が子宮口から排出される現象を月経と呼びます。
卵胞期

約7日間

新たな卵子が生まれるとき。卵胞の活動に伴い、エストロゲンの分泌が活発になることで、受精卵を受け入れる子宮内膜が厚く成長していきます。
排卵期

約5日間

卵胞で成長した卵子が、卵管を通って子宮へ放出されます。黄体ホルモンが分泌されることで、排卵が促されます。排卵は、次の月経の11~16日前に起こるといわれています。
黄体期

約2週間

たくさんの黄体ホルモンが分泌され、それによって子宮内膜が柔らかくなります。

身体が妊娠に備えて脂肪や水分を蓄えるため、むくみやすくなり、ホルモンバランスの影響で気分が下降気味に。

受精卵が着床すれば妊娠となり、着床しなかった場合には月経がはじまります。


月経周期を知り女性女性ホルモンが分泌される時期を知りましょう

以上、月経周期の4種類を紹介しました!
この月経周期の状態変化によって起こる、女性の身体やココロの悩み・症状は、ホルモンバランスの崩れによることが多いです。

例えば、だるさ、頭痛、気分の落ち込みから抜け出せない…といったこれらの症状は、PMS(月経前症候群)と言われており、月経が近づくと感じやすくなると言われている症状。ホルモンバランスの変化がもたらす、代表的な症状といえます。

PMSを体験したことがある方なら、ホルモンバランスの影響がいかに大きなものなのか、よくご存知だと思います。月経周期の変動により、これらの症状は起こるとされています。

このようなイライラ、焦燥感、むくみや肌荒れという様々な症状が更年期まで定期的に来ることを思うと、なかなか気が重たいですよね。

この症状改善を見込めるのがバストアップサプリ。女性ホルモンのバランスを整え、バストアップや美肌をもたらす効果が期待できます。

ただ、バストアップサプリといっても1種類ではありません。卵胞期に飲むバストアップサプリと黄体期に飲むバストアップサプリが存在するんです。

では、どのバストアップサプリが卵胞期用で、どのバストアップサプリが黄体期用なのでしょうか?次項では、黄体期とは、どのようかについて詳しく見た後に、黄体期用バストアップサプリを紹介します♪

美容に最適な卵胞期とは?

卵胞期について解説します!
卵胞期は、体温が下がる低温期で、卵胞ホルモンであるエストロゲンが一番分泌される時期でもあります。卵胞ホルモンであるエストロゲンが分泌されると、子宮内膜が妊娠に向けて厚くなり、身体が着床に備えて準備をはじめます。

妊娠がいかに奇跡的で尊いものなのか、改めて気づかされますね。

卵胞期は、4つのサイクルのうち心身のコンディションがもっとも良い時期。 卵胞ホルモンであるエストロゲンの分泌により、肌の調子も良く、毎日をポジティブに過ごすことができる時期です。 卵胞期は、28日周期と言われる月経周期のなかのたった1週間程度。実は、この時期にプエラリアが含まれるバストアップサプリを使用するのがベストです。

なぜかと言いますと、卵胞期は直前でも紹介したようにエストロゲンが分泌される時期。この時期にエストロゲン作用効果を持つプエラリア入りバストアップサプリを飲むと、このエストロゲン量が増えると予想されるからです。

エストロゲン量が増えると、バストアップをはじめとした美肌効果、髪の毛さらさら効果が期待できるとされています。ただ、いくら効果を期待できるといっても、女性ホルモンが一気に増えすぎてしまうと副作用につながるので、1日に飲むバストアップサプリはきちんと守りましょう。

では、どのバストアップサプリが卵胞期用バストアップサプリなのかというと、プエラリアが入っているバストアップサプリです。例えば私が実際に使ったものだと、下記のオレンジのパッケージの「レディーズプエラリア99%」が卵胞期に飲むべきサプリメントとなります。

レディーズプエラリアの外観

他には「ハイスピードプエラリア」や「ナチュラルプエラリア」が卵胞期に飲むべきバストアップサプリです。

これらのプエラリア入りバストアップサプリは、用法・用量を守れば、副作用もさほど心配ありません。
※ ただし、プエラリアは女性ホルモンに大きく作用することがあるため、体調不良を感じた場合にはすぐさま使用を中止しましょう。

プエラリアが含まれるバストアップサプリは“卵胞期に飲む”。
これを忘れないでくださいね。

タイミングを見誤ると、次の卵胞期まで待たなくてはならなくなるうえに、副作用のリスクも生まれます。バストアップサプリは効果も期待できる分、使い方はきちんとしなければいけないことを覚えておきましょう。

次に、黄体期にはどのようなバストアップサプリを服用すればよいのかをチェックしていきましょう。

黄体期には、バストのハリが期待可能?!

黄体期には、バストのハリが期待できる?!

黄体期は、排卵日の後の約10日間で、排出された卵子と精子が受精する時期。
排卵の役目を終えた卵胞は黄体となり、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌を促します。

黄体ホルモンのプロゲステロンが分泌されると、厚く成長した子宮内膜が柔らかくなり、体温が上昇します。
この際、身体が妊娠に備えて脂肪と水分を蓄えるので身体が重たく感じられることが多いそうです。バストアップに関することとしては、プロゲステロンのおかげでバストのハリがあがったり、乳腺の発達が見込めるそう。

でも、黄体期は良いことばかりではありません。
なぜなら、黄体期は肌や身体のコンディションも悪く、気分も沈みがち。黄体期の終了と共に生理(=月経期)になるため、俗にいう「PMS(月経前症候群)」に悩まされる女性も多いのです。

この時期は、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌がもっとも活発化するため、プロゲステロン様成分を含むバストアップサプリを使用します。プロゲステロン様成分とは、黄体ホルモンであるプロゲステロンの様な働きをしてくれる成分のことです。

黄体ホルモンであるプロゲステロンを増やしてしまうと、眠くなったりイライラすることも多いとされているため、プロゲステロンに似た働きをするこれらの成分を使うというわけです。

バストアップサプリに含まれるプロゲステロン様作用を持つ成分といえば、チェストベリーやワイルドヤムが有名ですね。

ここでは、チェストベリーやワイルドヤムを含めた4種類のプロゲステロン様作用を持つバストアップサプリ成分を紹介します。

           
チェストベリー 「西洋ニンジンボク」とも呼ばれ、アメリカやヨーロッパ南部などで親しまれてきたハーブ。

プロゲステロンと同様の働きをするだけではなく、「アダプトゲン作用」といって、女性ホルモンの分泌量を調整してくれる作用も備わっています。

女性ホルモンの分泌量が少ない人には、女性ホルモンの分泌を促し、逆に過分泌となっている場合にはそれを抑えてくれるのです。
ワイルドヤム アメリカや中国に自生するヤマイモの一種。 ワイルドヤムに含まれる「ジオスゲニン」と「サポニン」という成分が、バストアップと美容効果をもたらす元となります。
ジオスゲニン プロゲステロンにきわめて近い作用が備わっていて、黄体期のホルモンバランスを整えてくれます。

このジオスゲニンは、他の女性ホルモンに変身することもできてしまう「カメレオン」のような成分。

ときにはエストロゲンの働きもおぎなってしまう、マルチな栄養素なんです。 男性の体内では、男性ホルモンと似た働きをします。
サポニン 高い抗酸化作用が含まれ、体内のコレステロール値を低下させ、肝機能の向上作用をもたらします。

血管が強くなることで全身の血流がよくなるため、肌質や髪質の改善など、さまざまなアンチエイジング効果が望めます。


以上、紹介した4つの成分はプロゲステロン様作用を持ち、バストのハリを上げるという効果が期待できることからバストアップが見込めます。

ここでは、黄体期に使うべきバストアップサプリを紹介しました。
次は、卵胞期用バストアップサプリと黄体期用バストアップサプリをどのように飲めば良いのか、確認していきましょう!

~まとめ~ 各バストアップサプリを飲む時期

今まで見てきたように、バストアップサプリには2種類存在します。

プエラリアのように「エストロゲンに似た働きをする成分」を含んだバストアップサプリと、チェストベリーやワイルドヤムのように「プロゲステロンに似た働きをする成分」を含むバストアップサプリです。

これら2種類のバストアップサプリの飲むべき時期は違います。プエラリア配合のバストアップサプリは、エストロゲンがもっとも分泌される「卵胞期」に。チェストベリーやワイルドヤムが含まれるバストアップサプリは、プロゲステロンがもっとも分泌される「黄体期」に服用しましょう。

バストアップサプリを飲む時期を間違えば、女性ホルモンの比率が崩れ、頭痛、生理不順、倦怠感などの副作用を引き起こす原因となります。きちんと飲み分けさえできていれば、副作用の可能性は低くなります。

以上で卵胞期と黄体期のお話は終わりです。

いかがでしょうか?種類ごとにバストアップサプリを飲み分けることによって、もっと効率的にバストアップできるということがお分かりいただけたのではないかと思います。

バストアップサプリを毎日飲んでいる方は、この卵胞期と黄体期とサプリの関係をしっかりと把握しておきましょう。

以下の表に当サイトでおすすめしているサプリを卵胞期・黄体期別にまとめてみましたので、育乳生活に活かしてみてくださいね。

卵胞期飲み分けの必要なし
・レディーズプエラリア99%
・ハイスピード・プエラリア100
・エンジェルアップ
・ナチュラルプエラリア
・ドクタープエアグア
・ピュアプエラリア
・グラマー
・ピンキープラス

人気のバストアップサプリ



口コミまとめ



体験レポート・取材



バストアップサプリ豆知識



バストアップサプリの飲み方



年齢別バストアップ



バストアップサプリの成分



人気バストアップクリーム



ページ上部へ戻る